ダイエットは、血糖値をコントロールするのが効果的。

ダイエットでは、カロリーに意識がいきがちですが、

血糖値の変化に目を向けることも大事です。

つまりダイエットは、摂取カロリーを減らすことだけではなく、
血糖値をコントロールすることに気をつけるべきなのです。

血糖値の動きが緩やかになるようにするのがベスト。

最近、日本でも食生活の変化で、糖尿病予備軍が増えていると言われています。

血糖値は、毎回の食事で、上昇と下降を繰り返すのが普通ですが、

急激に上昇するのが良くないようです。

血糖値が急上昇すると、インスリンが過剰に分泌され、

脂肪が蓄積しやすくなったり、逆に低血糖になることがあります。

それを避けるためには、食事の時、食べる順番が大事です。

よく言われているのが、
野菜から先に食べ、次に魚や肉、最後にご飯などの炭水化物を食べることです。

ただし、野菜の中には糖質が多いものもあるので、

その時は、順番を後ろにズラしてください。

特に納豆や海藻などのネバネバ系食品は、

余分な糖類を吸収してくれるので、

血糖値の急激な上昇を抑えると言われています。

また、先に野菜から食べることで、満腹感が早く得られるので、

炭水化物を食べる頃には、もう満足しています。

いつもより少ない量でも、十分です。

ドカ食いも避けられるし、食べる量も減るので、一石二鳥!

血糖値のコントロールが、結果的にダイエットにもつながります。

さらに、よく噛んで食べると、効果倍増です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。