ダイエットの常識は変わります。食前30分の野菜ジュース。

ダイエットの常識は、研究開発により時代とともに変わるものです。

例えば、つい最近までは食事の時、野菜サラダから食べることで、

血糖値の急激な上昇を予防できると言われていました。

血糖値が急上昇すると、インシュリンが過剰に分泌されるため、

脂肪が余計に蓄積されると言われています。

血管中の血糖を下げるために、脂肪になるわけですね。

だからインシュリンは肥満ホルモンとも言われるとか。

もちろん野菜サラダから食べるのに効果があるのは変わりません。

でももっと効果がある方法が、新たな研究により出てきています。

今はサラダより、食前30分の野菜ジュースが良いらしいです。

時間により効果に差があるみたいなので大事。

確か明石家さんまの「ホンマでっか!TV」だったかな?

食前30分の野菜ジュースが、血糖値の急激な上昇を抑えるとのこと。

1日三度の食事の前に飲んでおくだけなので簡単です。

効果の理由は、野菜ジュースのほうが、有用成分のリコピンなどが数倍多いからだとか。

言われてみれば、「なるほどねー」という感じですよねw

逆に何で今まで気付かなかったんだろう。

野菜ジュースと言うと、糖分が含まれているイメージがあるからですかね。

だからちょっと意外でした。

早速、近所のスーパーで1リットルの野菜ジュースを買ってきましたw

野菜ジュースにもいろんな種類があります。

ニンジンとかリンゴとか。

研究ではリコピンなどの効果ということですから、

とりあえずはトマトが主体のジュースを選んだ方が無難そうですね。

それと続けるには、安いことも大事です。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。