ダイエットに効果的な間食には、秘訣があります。

ダイエットには、間食も必要だということは、前回に説明しました。

でも無計画な間食では、確かに太ります。

実は間食を計画的に取り入れることで、楽にダイエットできるのです。

(1)間食に食べるものを決める
間食で、何をどれくらいの量を食べるのかは、空腹ではない時に決めてください。

空腹だと冷静な判断は、まず出来ません。

お腹がいっぱいの時なら、頭が冷静なので、ちゃんと適量に設定できます。

間食用にビニール袋などで、あらかじめ小分けしておくと確実です。

小さな袋に入ったお菓子や、小分けしやすいお菓子が便利です。

ダイエット中に間食しても大丈夫ですが、自分で決めた量以上は、食べないことが大切です。


(2)一口食べたら少し時間をあける
間食するときは、まず一口食べたら、数分だけ時間をおいてみてください。

すると意外と「もう要らない」とか、「我慢できそう」ということもあります。

人間の欲求は、少しの時間だけ我慢してみると、おさまることも多いのです。

もしそれでも食べたい時は、あらかじめ決めておいた量を、ゆっくり食べてください。

間食を我慢してストレスが溜まるよりは、計画通り食べたほうが、精神的にゆとりが持てます。


(3)間食するハードルを高くする
何も考えないで間食すると、制限無く食べてしまいます。

そんな時に有効なのが、間食するまでのハードル(乗り越えなくてはならない障害)を、高く設定することです。

例えば私は、「ここまで仕事が進んだら、チョコレートを食べられる」というような、自分なりのルールを決めています。

つまり間食を一種のご褒美として活用しているのです。これがハードルとしても働きます。

・「食欲 > 目標」なら、頑張って仕事をクリアします。
・逆に「食欲 < 目標」なら、間食をあきらめて、休憩できます。

どちらにしても、私にはプラスになるのがポイントです。

食べれば仕事が進むし、食べなければダイエットになります。


以上のように、どうせ間食をするなら、無計画よりも、戦略的に考えたほうが、よい結果につながります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。