ダイエット 早朝に第一回目の間食として、「おめざ」を食べる。

朝仕事ダイエットで早起きすると、朝食までにはだいぶ時間があります。

私の場合は、朝5時に起きて、朝食は8時なので、3時間もあります。

すると自然にお腹が空くので、この日第一回目の間食として、「おめざ」を食べます。

地方によっては、昔からお婆ちゃんが孫を目覚めさせるために、朝起きた時にお菓子を与える習慣があります。

これが「おめざ」です。元々は「おめざめ」の幼児語なんですね。

私の田舎でもそうです。昔はお婆ちゃんからお菓子をもらっていました。

例えば、夜にお菓子があると、「半分は明日の朝に食べなさい」とよく言われていました。

子供にとっては、朝起きるとお菓子が食べられるので、早起きのモチベーション(動機付け)になったものです。

大人になった今は、自分自身でモチベーションを用意しなければなりません。

美味しいおめざもモチベーションの一つになります。

それに朝仕事では、脳をフル回転させます。そのためにも脳や体のエネルギー源として、おめざ(間食)は大事です。

おめざに食べるものとしては、何でもよいのですが、私はバナナを食べています。

バナナは栄養面で優れています。

スポーツをする人は、エネルギー補給としてバナナを食べている人が多いので、違和感は無いと思います。

去年からバナナダイエットも流行っているので、一石二鳥です。

ただしバナナはあくまで間食です。朝食は後でちゃんと食べます。

ここがバナナダイエットとの違いです。

バナナダイエットの場合は、バナナが朝食で、30分以上空ければ、間食してもよいことになっていたと思います。

でも私の場合は、バナナが間食で、朝食は別です。

あとで朝食を食べることを考えれば、おめざとしてのバナナは、1本でも十分です。

あまり食べ過ぎると、朝食の時にお腹が空きません。

また、バナナダイエットではないので、バナナにもこだわりません。

できるだけバナナを食べるようにしてはいますが、無い時には、お菓子を食べたり、野菜と果物のミックスジュースを飲むこともあります。

朝は体のエネルギー代謝が活発になりはじめる時なので、食べても太りにくいと言われています。

したがって、夜に甘いものを食べるよりは、おめざとして朝に食べたほうが痩せやすくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ