ダイエット 昼食後の仮眠が大切で、仕事にも好影響です。

朝仕事ダイエットでは、昼食後の仮眠、お昼寝が大事です。

早起きするので、お昼過ぎに眠くなるかもしれないからです。

特に車を運転するドライバーは、注意してください。

朝仕事で早起きすると、普通の人より、2~3時間くらい進んでいる状態なので、13時が15時~16時頃の感覚になります。

だから昼食後に、短時間でもいいので、仮眠することが大切になります。

仮眠は、15分程度でもかまいません。

もし寝れなくても、横になって目を閉じるだけでも、疲れが取れます。

視覚情報を遮断するだけで、脳の負担が減るからです。

熟睡して午後の仕事に遅れると困るので、タイマーを使うと良いでしょう。

携帯電話のアラーム機能でもいいし、100円ショップで、キッチンタイマーが売られています。

これらを上手く利用して、本業の仕事に影響しないようにしましょう。

実際に体験してみるとわかりますが、仮眠を取るのと、取らないのでは、午後の活力が全く違います。

仮眠を取ると、頭がスッキリし、リセットされた感じになるので、午後の仕事を頑張れます。

仮眠したほうが、仕事も断然はかどります。

したがって普通の人でも、ぜひ仮眠を取る習慣をおすすめします。

でも仮眠は、長すぎると、逆に体がだるくなります。頭も寝ぼけた感じです。

それに夜に眠れなくなることもあります。

仮眠は15分、長くても30分くらいが良いです。30分を超えると長すぎです。

また、夜の睡眠時間を十分に取ることも大切です。

朝の起床時間から逆算して、最低でも6時間、できれば7時間以上は、確保するようにしてください。

ダイエットの前に、まずは健康が第一ですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。