ダイエット 夕食は好きなものに、納豆と大根おろしを加えるだけ。

朝仕事ダイエットでは、夕食も食事制限がありません。

あなたが好きなものを食べても、大丈夫です。

ただ夕食は、就寝時間(寝付く時間)の「3時間以上前」までに、済ませてください。

私の場合は、18時頃に夕食を食べ始めて、遅くても19時までには、食べ終わるようにしています。

私は会社員時代から、夕食を18時頃に食べる習慣だったので、この時間帯が普通になっています。

遅番担当で、夕食を済ませてから、勤務することが多かったためです。

それに「夕食」というくらいですから、本来は夕方に食べるものなのだそうです。

「18時には無理!」という人も、できるだけ早い時間帯に、夕食を済ませるようにしてください。

夕食も食事制限などはありません。逆に加えてほしい食べ物があります。

それは、「納豆」と「大根おろし」です。

できれば夕食の主食は、「ご飯」にしてください。

夕食の頃には、お腹がぺこぺこの状態が多いですよね。空腹だと冷静な判断ができません。

空腹のままだと、ついドカ食いしてしまいます。

そこで、最初は納豆だけをおかずに、ご飯を半分くらい食べます。(ゆっくりと)

すると空腹感が満たされるので、冷静な判断ができるようになります。

また納豆は、栄養的にも優れているので、ダイエット中の人にはおすすめです。

納豆に含まれるサポニン、ナットウキナーゼ、ジピコリン酸、ポリアミンなどは、健康やダイエット、美肌にも効果があると言われています。

同様に大根にも、健康やダイエットに効果のある成分が、多く含まれています。

例えば大根の根の部分を、大根おろしにすると、とても辛いですよね。この辛味成分(イソチオシアネート)が、ダイエットには効果的です。

辛味成分は、大根おろしにして初めて生成されるので、おろしたほうがよいわけです。

他にも大根には、さまざまな効果があります。

大根おろしは、直接食べてもいいし、他のおかずに混ぜてもかまいません。

大根おろしの汁には、有効な成分が含まれているので、汁も食べてください。

したがって、納豆と大根だけは、ぜひ夕食に加えてください。

キムチをプラスすると、さらに良いです。相乗効果が期待できます。

納豆が嫌いな人は、ヨーグルトでもかまいません。ご飯にはかけられませんが・・・

あとのメニューは自由です。私の場合は、おかずを2品加える程度です。

最初に納豆とご飯を食べているので、これくらいでも十分満腹になります。

あまり食べ過ぎると、お腹が張って夜寝れないし。腹八分が一番です。

夕食は自由にたくさん食べてもいいのですが、必ず「1日最後の食事」にしてください。

朝仕事ダイエットでは、夜食は食べません。

朝早く起きるので、睡眠時間から逆算すると、夜食を食べることは無いはずです。

夜食を食べないためにも、夕食後の歯磨きが重要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ