ダイエット 睡眠不足にならないようにチェックし、記録する。

朝仕事ダイエットでは、睡眠不足にならないように、チェックすることが大事です。

朝は決まった時間に起床するので、夜が遅いと、どうしても睡眠時間が短くなるため、寝不足になります。

そこで私は、毎日朝起きたら、睡眠時間をチェックし、記録しています。

とても簡単な方法で、ノートに日付と記号を書いているだけです。

記号の例
◎ 21時30分以前
○ 22時
△ 23時
× それ以降

私の場合は、100円ショップで、方眼罫ノートを購入して、日付と記号だけ書いています。

例えば、「12/24 睡眠 ○」、「12/25 睡眠 △」と書くだけです。

これなら時間はかかりません。10秒もあればチェックできます。

わざわざ睡眠と書いているのは、私は他の事のチェックにも、同じノートを使っているからです。

もし睡眠だけをチェックするのなら、「睡眠」という文字は、不要です。

私は23時(△)が一番多いですが、できるだけ22時(○)を増やすようにしています。

本当は◎がベストなのですが、なかなか難しいですね。

△や×の記号が続き、「睡眠時間が少ないかな」と思った時は、昼食後の仮眠を長めにしたりして、調整しています。

でも仮眠が長すぎると、夜に眠れなくなるので、逆効果です。

昼食後の仮眠は、30分以内がよいでしょう。

時間が無い時は、5分くらい目を閉じるだけでも、全然違います。

眠気と戦っても勝てないので、仕事ははかどりません。

それよりは短時間でもいいから、仮眠したほうが、後々の仕事がはかどります。

あなたも寝不足にならないように、十分注意してください。

特に車を運転するドライバーの方は、寝不足には要注意です。

ダイエットの前に、まずは安全と健康が大事ですから。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






朝仕事ダイエットで-9kg減 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。